下り坂の啓示

下っていたら上ってた。
<< 絶対呪うし!! | TOP | 疑心暗鬼の理由 >>
日本ガバメント
0

    それにしても日本ガバメントは大丈夫なのかよ?

    コロナウイルス感染者だけど、韓国が日本を抜いたなんて言ってっけど
    そもそも検査を受けた人の数が違うし。

    今現在、韓国での感染者数は977人になったそうで
    日本の感染者数159人と比べると、かなり多いように感じるが
    韓国では約4万人が検査を受けたのに対し
    日本で検査を受けたのは1500人程度なワケで、分母が全く違うんだよ。

    スゲー単純計算なんだけど、日本の検査を受けた人の数を
    韓国と同様、4万人と仮定すると感染者数は4240人になるんだよね。

    つーか、コロナウイルスと気付かずに
    「風邪」として処理してしまった人の数も合わせたら
    日本には既に1万人は感染者がいるんじゃねーか?

    それよりも、なんだよ?ガバメントの方針は?

    「症状が軽い人は自宅療養」って、なんなんだよ?

    まず「軽い」ってのがどの程度なのか
    まったくワカらん。

    人によって症状に対する感じ方って違うだろ?

    それにだな、政府の方針は「対コロナウイルス」ってことなんだろうが
    コロナウイルスと似たような症状で、違う病気の場合もあるだろ?

    肺がんだって、初期症状は風邪の症状に似てるっていうし。

    こんな「フワッ」とした基本方針なんか、なんの意味も無ぇ〜よ。

    コロナウイルスに限っての話のつもりでしてるんだろうが
    むしろ、こんな方針を言われたら、違う病気の人も病院に行きづらくなんだろ?

    病院に行きたいのはコロナウイルスの疑いがある人だけじゃねーんだよ。

    「症状が軽い人は自宅療養」とかいって
    もしコロナウイルスと関係無い病気で悪化したらどうすんだよ?

    症状が軽くても病院に行きたい人もいるだろうし
    症状が軽い内に診てもらうことで、助かる命もあるだろうよ?

    「症状が軽い人は自宅療養」っていうのは
    そういうコロナウイルスとは関係ない病気も含むんだよ。

    オレの目には、どうしてもオリンピックがやりたくて
    感染者数を増やさないようにしてるみたいにしか見えないんだよね。

    で、増やさない方法として「分母を増やさない」って手段を執ってんだろ?
    分母が増えれば分子(感染者)も増えるからな。

    感染者数は、まだそれほど増えてない。
    そもそも、コロナウイルスはそれほど危険なウイルスではない。

    こんなことばっかアナウンスしてんじゃん?

    要するに、こういうことだろ?

    日本はそれほどコロナウイルスは流行してませんよぉ〜♪
    それと、コロナウイルスはそれほど危険じゃありませんよぉ〜♪
    なので、安心して日本に来てくださ〜い♪

    オリンピックやりましょうよぉ〜♪
    オリンピックやりましょうよぉ〜♪

    ってことだろ?

    いや、もう無理だから。
    「日本以外」はコロナウイルスは「危険」て思ってっから。

    日本への渡航制限や、日本人の入国を拒否してる国が
    チラホラ出てきてるし。

    中国に対して「隠ぺい体質」とか言ってっけど
    日本も負けず劣らずな感じだな。

    感染者数159人て、検査してねーからじゃん♪

    検査して「コロナウイルス」ってなるのがイヤなんだろ?
    だから「症状が軽い人は自宅療養」なんだろ?

    検査を受けさせないために。

    だいだい、症状が軽かったら出歩いちゃうだろ?

    「これくらいだったら」って、仕事に行く人もいるだろうし
    学校に行く人もいるだろうし、イベントに行く人もいるだろうし
    受験だったら症状が多少重くても、無理してでも行くだろ?

    「症状が軽い人は自宅療養」なんていうのは
    まるっきり「方針」になんかならねーんだよ。

    ホント、大丈夫かよ?
    日本ガバメントは?

    リスクマネジメントがまったく出来てねーんじゃねーか?
    このままだと、オリンピックに費やしたもの以上の損失を出すぞ。

    まぁ、オレはオリンピックの恩恵も損失も関係ねーんだけどな♪

    とにかく、ワイフはコロナウイルスなんかに感染したら
    高い確率で命にかかわるから、収束するまでは大人しくしてるよ。


    ヒロPOM

    - | 22:41 | author 下り坂ちゃん | comments(0) | - | - |
    コメント
    コメントする